仙台五城LCとは

HOME > 仙台五城LCの紹介

次期会長 L清水美奈子会長スローガン
「心一つに、一致団結We Serve」

世界を震撼させた新型コロナウイルスの渦の中、第56期会長という大役を仰せつかり、その責務の大きさに身の引き締まる思いでございます。
今日までの五城ライオンズクラブの歴史と伝統を築き上げた諸先輩の方々には心より敬意を表します。
来期五城ライオンズとして何が出来るか何をしなければならないか会員一同心を一つにして、奉仕に取り組んで参ります。
先の見えない一年になりそうですが、皆様のご理解とご支援ご協力の程、節にお願い申し上げます。


活動方針

新型コロナの終息がみえない中、緊急事態宣言が解除されたとは云え3密及び夏の熱中症、秋~冬にはインフルエンザとコロナの第二波の危険と重なり、現状としてライオンズ活動はこの一年思うような活動を実施する事が困難な状況になる事が予想されます。
人が集まる事でクラスターになることも考えられ、社会貢献と合わせてこの時期感染拡大防止を心がける事の大切さが必要ではないでしょうか。
来期は五城クラブメンバーの1年とし、意見交換の場にしたいと思います。
 ・ライオン各位の健康と生命を守る  ・退会者をなくす
 ・各自の会社を守る         ・クラブ会員のスピーチ例会
例会につきまして、会員皆様の了解を頂ければ来期オンラインを活用していきたいと思います。
オンラインを活用することにより皆さまの顔が見え、声が聞けるなどの元気な姿を共有しつつ相互交換をしていきたいと思います。 特に場所を問わず参加できる事や時間も短縮する事が出来るため出席率も高くなることが見込めます。
又、諸先輩ライオンには五城の歴史と伝統あるクラブのお話をお聞かせ頂き、後輩のライオンが誇りを持って活動してゆく事が出来ますよう来期の活動についてご理解とご指導を頂きますようお願い致します。

活動項目

Ⅰ.会員増強
Ⅰ.今迄の活動継続と新たな奉仕活動の見直し
Ⅰ.オンラインでの例会実施

仙台五城LCとは

ライオンズクラブは、全世界に205の国と130万余の会員を擁する世界最大の奉仕団体です。モットーは、We Serve(われわれは奉仕する)であり、奉仕こそ我々の生命であり、使命であります。

我が仙台五城ライオンズクラブは、1963年、仙台市で5番目のクラブとして誕生致しました。地域発展を目指して、奉仕活動を行って、約半世紀になります。

具体的に申し上げますと、経済的に困窮している母子家庭などに奨学金を贈り、高校を卒業した方は27名(2009年3月現在)を数えます。他に杜の都仙台の象徴でもある青葉城二の丸跡の公園清掃を37年間、仙台七夕での観光客の皆様への奉仕活動等々、一つひとつの活動はささやかですが、継続することによって、世界平和に貢献することになると思い、日々奉仕出来る幸せを感じながら、これからも前進して参る所存でございます。

仙台五城ライオンズクラブに共鳴する会員を募集しております。

仙台五城ライオンズ事務局
〒980-0811 仙台市青葉区一番町1-8-10(京成壱番町ビル402)
TEL022-262-6633
FAX022-262-6634

仙台五城クラブ2019年度 会長スローガン

「継往開来 そしてWe Serve」

結成年月日 1963年11月15日
スポンサー 仙台・仙台中央ライオンズクラブ
結成番号 No.0663
チャーターメンバー 46名
認証年月日 1964年10月9日
例会日時 毎月第2・第4水曜日 18:15~19:30
例会場 仙台国際ホテル
例会場住所 〒980-0021 仙台市青葉区中央四町目6-1
例会場電話 022-268-1111
2019年07月現在会員数    49名(内家族会員17名)
事務局住所 〒980-0881 仙台市青葉区一番町一丁目8-10 京成壱番町ビル402
事務局電話 022-262-6633
事務局FAX 022-262-6634
事務局員名 池下 サオリ
ホームページ http://www.sendaigojyou-lc.com/
E-mail sendai-gojyo.lc@r3.dion.ne.jp

「五城」の謂れ

仙台城本丸のところは青葉が崎といって、むかし土仏千体を安置した虚空蔵堂があったので千体城と称し、のち千代城と改めたが、伊達正宗が慶長5(1600)年12月24日築城の縄張りにあたり、これを仙台と改め、城と城下市街の名とした。この地名は唐の韓翃の下記の詩にあるところから仙台城に五城、城下市街に五城楼下という雅名が生まれた。
(三原良吉氏による―「CN10周年誌」より転載)

 

 

 

クラブ名称については広瀬、萩、伊達などの案も出されたが、仙台市内で5番目のクラブでもあり、仙台の別名である「五城」という案が採択され「仙台五城」と決まった。

クラブの名は、スポンサークラブである仙台中央LCの故L三品正直の発案である。(CN20に故L京道信一が述べている。)

※故三原良吉氏(郷土歴史家・旧制一中・早稲田専門部卒河北新報社記者)